❷インフォメーション

2018-09-13 10:32:00

2018年9月13日現在の生産状況など近況をお伝えいたします。

まずは、既にオーダーを頂いている皆様へ、

天候の影響とは言え、非常に長らくお待たせしている事を心よりお詫び申し上げます。

そして、購入を検討して頂いたにも関わらず、

受注をお断りさせていただいた皆様、誠に申し訳ありませんでした。

 

先月末まで約2ヶ月間ほど続いた連日の猛暑により弊社製造現場では通常生産が不能となり、

今現在もまだまだ通常生産とはいかない状況ではありますが、

9月に入り、ようやく気温も下がってきました。

しかしながら今度は雨続きの為、湿度が高い状態が続いていますので、

天候を加味しながらとなりますが順次製作を進めて参ります。

まずはカラーリング艇を1艇製作し、成形性の確認を行います。

こちらがキチンと確認でき次第、順次オーダー艇の製作再開、そして受注も再開致しますので今しばらくお待ち頂きますようお願い申し上げます。

※高湿度下では成形に使用する繊維「ガラス繊維」が空気中の水分を吸収し、成形後の強度や耐久性に影響を及ぼしてしまいます。

新規開発艇「ELEMENT」エレメントについて

この艇に関して弊社ホームページへも多数お問合せを頂くことがあり、

15ft超えの長さにも関わらず、関心の高さに驚くと同時に誠に嬉しく思っております。

価格帯や装備など、気になるところが多数あるかと思われますが、

今だ開発途中であり明言出来る部分が少なく誠に申し訳ございません。

当初は9月中にも市場投入と計画をしておりましたが、

こちらも猛暑等の影響を受け、製作がかなり遅れております。

市場投入の前には必ず厳しいフィールドテストを実施しますが、こちらも様々な要因が重なった影響で今だに行えておりません。

この為、計画を改め、年内若しくは来年早々のリリースを新たな目標設定とし、

こつこつと製作を進めて参ります。

リリースを待ち望んでおられる方々、楽しみを先延ばししてしまいますが、

驚きと感動を必ず感じていただけるような艇に仕上げますので今しばらくお待ちください。

そして、

近年地球温暖化の影響がより多く騒がれるようになり、今年は正にそれを実感してしまうような出来事が相次いで発生しています。

FRP製造の現場でも「屋根さえあればどこでも出来る」と言われていた時代は昨年までで終わりを迎えたのかもしれません。

特に弊社工場のある愛知では対策無しではもう限界を感じました。

きたる状況に何を備えるか、どう対処するかを真剣に検討し対策を実施していこうと思います。

以上です。

またお伝えしたいことがありましたら更新致します。

 

1