❷インフォメーション

2022-10-17 21:00:00

2022/10/17更新

今回は価格改定についての内容になります。

 

弊社は今から7年前の2015年よりカヤックの製造を行って参りました。

この7年間にも毎年毎年当たり前のように原材料の値上げは続いておりましたが、

弊社としては艇体価格に転嫁しない姿勢をずっと続けて参りました。

ですが、

昨今の急激な原材料高騰はこれまでの7年間の値上げ幅を半年で超えるレベルとなっており、

今後もこの流れが続くもしくは加速するといった状況となっています。

 

「艇体価格に転嫁しない」姿勢にこだわってきた理由

今までにも何度となく価格改定を検討した事は実際にありましたが、

安易にそこにいかず、

まだまだ自分がやれることは沢山あるはずだと考え、

製造工程の見直しや使用材料の再検討、固定費削減など、

チャレンジ精神をもって更なる改善を進めてきました。

当然すべての改善がうまくいった訳ではありませんが、

そうする事で発想の転換が起きたり、良くも悪くも新しい発見があったりと、

プラスに働く要素も多く、

これらを製品製作にしっかり反映させる事でこれまで乗り越えてこれたと思っています。

ですが、

7年間続けてきたこの取り組みは、もはや最終到達点に近く、

これ以上のチャレンジは品質管理上の最低レベルを下回ってしまう懸念もあり、

原材料高騰の昨今の流れは、

製品製作自体も立ち行かなくなっていく事が容易に想像できる段階にきています。

これらの事を踏まえて、

弊社もいよいよ価格改定に踏み切らざる負えない時期かと考えております。

 

少し余談ですが、

先日、工場のリフォームのお話をさせていただきました。

本来であればもっとしっかりとした工場を構えて品質管理しながら製品造りを行うべきではありますが、

今回のこのリフォームは固定費(家賃)低減の観点で非常に大きく貢献するものであり、

「艇体価格に転嫁しない」姿勢を基に弊社が現状でできうる最大の効果と判断しこの決断をした次第です。

 ※工場リフォームの模様を動画にしています。宜しければご視聴下さい。

工場リフォーム動画↓

https://youtu.be/ADsE1RYxEcc

 

本題に戻ります。

 

価格改定は「艇体価格に転嫁しない」姿勢を続けてきた弊社としてはとても不本意で不条理なものとなり、

先行き不透明な今のこのご時世に於いてこのような判断をする事はご購入を検討して下さる方々に対し、

決して正しいとは思えないというのが正直なところです。

 

 価格改定の実施時期及び改定価格、対象製品等、詳細につきまして現在引き続き検討中です。

 今月内には結論を出し、改めてご報告する予定ですので続報をお待ちください。

 

長文失礼しました。

今回は以上となります。

 

2022-10-09 16:00:00

この艇は完売致しました。

2022/10/9更新

ユーズド艇(弊社保有)コリンアスリート情報です。

本年製作の艇で使用回数は5回ほどとなります。

大まかな仕様は以下の通りです。

【基本仕様】

センターコンソール仕様(イケス無)

【カラーリング】

オールホワイト

【オプション】

ロッドホルダー×4,ガーミン振動子対応、艤装拡張プレート、コンソールトレイ、ロゴ文字部色分け(カーボンブラック)、レイルブレイザベースマウント用ボルト有(フラッグ用)

【重量】

20.3㎏※実測値

【その他】

ハンドル及びアイレットは弊社オリジナルFRP製、サイドハンドルは弊社オリジナルステンレス製

以上です。

メンテナンス後お渡し(発送)となります。

ご興味のある方が居られましたら当ホームページ内のお問い合せ欄からご連絡をお願い致します。

※発送が必要な場合、送り先も併せて記載頂けると助かります。

※お問合せを頂いた際に既に売却済みとなっている場合がございますのでその際には何卒ご了承下さい。

 

 

 

2022-10-08 15:30:00

2022年10月更新

昨年12月以来久しぶりの更新となります。

今回はBRKの近況及びこれまでの状況につきましてご報告致します。

2020年9月より浜松にある造船所様の御協力のもと、

一時停止していたカヤックの受注を再開し、新たなスタートをきったBRKですが、

この度、再び自社単体にてカヤック製作を行っていく事となりました。

ここに至るまでには様々な出来事がありましたが、詳細につきましてはここでは控えさせて頂きます。

自社単体にて再びカヤックを製作していくにあたり必要な作業スペースを確保するため、

今まで使用させて頂いておりました造船所様の一角を引き払い、古い船小屋を新たに借り、

約2ヶ月半ほど掛けてDIYにてリフォームし作業場所を確保しました。

この船小屋は、白アリに食いつくされてボロボロになった柱の数々、壁は剥がれ落ち隙間だらけ、

屋根はある程度しっかりしているものの、建物内は床といった存在は無く全面地面むきだし状態。

そして大量の漁具などの残置物の山。。。

この建物の中を初めて見たとき、何から手を付けたらよいものかと絶句する状態でしたが、

とにかくここを作業できる状態にするほかに選択肢は無く、連日必死に片付け&リフォームを行いました。

そして、時間が掛かってしまいましたがようやく一通りの作業が出来るようになり、現在この場所にてカヤック製作を継続しております。

今年は材料費の異常な高騰、材料の不具合、暑いのか寒いのか、晴れるのか雨なのか、天気予報も頻繁にハズレるほどの天候不順など、

予定通りに進まない事があり過ぎて心が病みそうになるほど気が滅入る事も多いですが、

一つ一つ出来る事をクリアしながら引き続き地道に頑張っていく所存です。

そして、この間にオーダーを頂いて納艇を心待ちにされているオーナーの皆様へ、

非常に納期が掛かっており大変申し訳なく思っているところです。

完成し次第、順次お届けしている状況ですので何卒引き続きご理解とご支援を宜しくお願い致します。

最後に、

一部情報を得られている方々も居られると思いますが、

今年から来年に掛けては新艇の製作&リリースの計画もあり、こちらも現在同時に進めている状況です。

これらの新艇に関しては各SNSメディアにて既に情報記事が上がっておりますので、

下記のワード検索を参考に是非そちらをご覧ください。

検索ワードは「エレメント」「バイファール」「FRP艇」です。

 

以上、BRK近況報告☆2022/10更新でした。

更新頻度がかなり低く、弊社の活動が見えにくい状況かと思いますが、

日々精一杯頑張っておりますので、今後ともどうぞご注目宜しくお願い致します。

 

 

ベイロマンスカヤックス所在地

グーグルマップ

https://goo.gl/maps/pPHuvqsTfHGzpPK3A

※建屋は漁港内にあります。

※周辺は漁港関係者優先となりますのでお車でお越しの際には必ず事前にご連絡下さい。

 

2021-12-11 11:08:26
2021年9月以後の製作艇にて重量表記を更新しました。
従来より更に軽く機動力をアップデート。
詳細はコリン・アスリート詳細にてご確認下さい☆
2021-09-23 20:08:00

コリン・アスリート「艤装拡張プレート」

キールガードと同時リリース!

 魚探が遠くて見づらい…手が届かなくて操作が出来ない…

そんな悩みを少しでも改善出来たらと考え、
コリン・アスリート専用の艤装拡張ベースプレート(魚探マウントベース)を製作しました。
プレートの固定位置は4段階の調整が可能、
平面部にはレイルブレイザスタンポート取付用ホール×1、ホンデックス社ポータブル魚探(PS-611CN等)取付用ホール×2(2点止め×2)を設けています。

この製品は魚探の取り付けに際して画面の視認性及び操作性を向上させる目的で製作したオプションパーツです。

取付けにはデッキ側に5㎜のボルトオン仕様があるコリン・アスリートのみ対象となりますが、

とてもお勧めのパーツですので是非ご検討下さい☆

【参考動画】艤装拡張プレートYouTube動画↓↓↓

https://www.youtube.com/watch?v=cG36y-jyeIo

 

【製品詳細】

取付可能艇:デッキ側に5㎜のボルトオン仕様があるコリン・アスリート

素材:FRP

カラー:2色(カーボンブラック・ホワイト)

 販売価格:税込¥5,170‐(税別¥4,700‐)※送料別途

【取付時の注意】

本製品の取り付けにはプラスドライバーを使用します。

艇体及び本製品の取り付け部の破損等を避けるために出来る限り電動工具の使用は控えてください。

また、船体への取り付けの際にはコーキングを併用し、漏水防止策をお願い致します。

これ以外には、艤装品の取り付け時にボルト・ナット等、別途必要となります。

プレート上にはあらかじめ数か所の穴があけてありますが、穴位置は手作業のため多少の誤差があります。

艤装品取り付けの際には個々に穴の調整(ヤスリがけ等)を要とする場合がありますのでご了承下さい。

ご自身にて穴の追加等を行いたい場合は木工用ドリルにて加工可能です。

 

本製品のご購入は本ホームページ内の【お問い合わせ】からご連絡をお願い致します。

お問合せの返信時に送料を合わせてご案内しますので発送先(ご住所)の記載も宜しくお願致します。

 

 

1 2 3 4 5 6 7 8